ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

お問い合わせ

よくあるご質問

閉じる

ここから本文になります。

半沢直樹の用語集

半沢直樹 与信用語集

第七話

特別損失(特損)
企業が事業を展開していく上で、通常の経営活動とは直接関わりのない、例外的に発生した臨時的な損失を指します。特別損失は、税引前当期純利益を算出する際に、経常利益から差し引かれます。
経営再建
業績の悪化、多額の負債や資金繰り難によって、事業の継続が困難な状態に陥った企業が、経営陣の刷新、不採算事業の撤退・人員整理などによる経費の削減、会社再建の方の適用などによって会社の再建を行うことです。
損失補てん
発生した損失に対して、別に発生する同等の利益によって穴埋めすることで、多くは収支尻が大幅な赤字にならないように調整することが目的です。発生した損失を穴埋めするためには、「同等の売上」ではなく、「同等の利益」であることが必要です。そのため、多額の損失に対しては、経常利益では足りず、特別利益などで穴埋めすることが多くなります。
余剰資産
企業が保有している現預金や土地、株式等のうち事業活動に利用されていない本業と直接関係が明確でない資産のことです。
特許侵害
権限を持たない他人が、特許発明を事業として実施することをいいます。特許権者は、特許発明を独占的に使用する権利を持つので、他人が無断で特許発明を使用すると、特許権侵害となります。これを”直接侵害”といい、侵害の一歩手前の行為、あるいは実質上侵害と同視しうる行為のことを”間接侵害”といいます。
賠償金
他人に損害を与えた際に、その埋め合わせをするため支払うお金です。民法においては、債務不履行や不法行為に基づく損害賠償の規定が定められています。

資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

フリーコール 0120-259-440 03-6214-0350(携帯電話用)

平日9:00-18:00(土・日・祝休)

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。