ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

お問い合わせ

よくあるご質問

閉じる

ここから本文になります。

リスモングの与信管理講座

18.取引先与信の見直しをしよう!

与信限度は順守しなければならないものですが、一度決めたら永遠にその与信限度を守り続けていく、というものではありません。与信先の信用力や取引金額の変化に応じて、与信限度も柔軟に変えなければなりません。

[1] 与信限度の定期見直し

常に適正な与信限度を設定しておくために、与信限度には期限を定め、最低でも年に1回は定期的な見直しをします。直近の決算内容を元に審査できるよう、決算期末から6カ月以内に与信限度の期限を設定することが適切です。しかし、大口取引先や要注意先の与信限度は、年2回見直すなど、管理レベルを上げることが好ましいといえます。

【図 与信限度の期限】
与信限度の期限

与信限度の見直しの際には、取引開始時の申請と同じように、取引先の信用力を審査しますが、そのほかに以下の項目もチェックします。

  • 決済条件や取引条件は守られているか
  • 取得している担保の価値が変化していないか
  • 担保維持に必要な書類を入手できているか
  • 基本契約は締結できているか
  • 注文書・納品書など取引を証明する書類はきちんと作成されているか

[2] 異常発生時の与信限度見直し

取引先や取引自体に異変があった場合は、与信限度の期限にかかわらず、タイムリーに 与信限度の見直しを行います。見直しを行うタイミングとしては以下のものが挙げられます。

取引金額の増加
取引金額が当初の予想を超え、与信限度を超過する見込みになった場合に、与信限度を増額します。
与信限度超過
既存の与信限度を超過して与信残高が発生した場合に、与信限度を増額します。
支払遅延発生
取引先の経営が悪化し、資金繰りが苦しくなることにより、支払遅延が生じた場合、与信限度を縮小する必要があります。
取引先の信用力の悪化
業績悪化や焦付き発生など信用不安の兆候が見られ、取引先の信用力が悪化している場合は、与信限度を縮小します。

リスモング『最低年に1回は与信限度の見直しを行いましょう。』

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。