東京 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国調書の読み方/不正経理の事例研究とB/Sの実態修正法

  1. TOP
  2.  
  3. セミナー情報
  4. 東京 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国調書の読み方/不正経理の事例研究とB/Sの実態修正法

与信管理セミナー  <会員向け>

東京 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国調書の読み方/不正経理の事例研究とB/Sの実態修正法

旬のテーマ、専門テーマで各講師をお招きしご講演いただきます。

開催日 2016年8月24日(水)13:30~18:00(13:00開場)
会場 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
所在地

東京都中央区京橋1-7-1 (地図はこちら

<交通アクセス>

JR・東京メトロ丸ノ内線『東京』駅 八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線『京橋』駅 7番出口 徒歩2分
東京メトロ東西線・銀座線・都営浅草線『日本橋(東京都)』駅 徒歩5分

参加費 無料
内容

■テーマ  (一部のみのご参加でも結構です)

13:30~15:00
特別講座『海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定』
・国内取引との抜本的違いについて
・リスクの種類と内容について
・業務履行、遂行上の必要知識について 等

15:10~16:10
特別講座『中国調書の読み方』

リスクモンスターでは2015年より、中国・上海の大手信用調査会社である

JSBIZと提携し、「RM格付」を付与した中国調書を販売しており、

多くの会員様にご利用いただいております。

本セミナーではJSBIZ中国調書の見方について、
中国の信用調査事情も踏まえて解説いたします。

16:30~18:00
特別講座『不正経理の事例研究とB/Sの実態修正法』

取引先分析の拠り所となるのが決算書ですが、すべての決算書が実態を正確に表している

とは言い難く、不正な経理が発覚した事例は枚挙にいとまがありません。

しかし、審査担当者としては発覚前に実態を把握または推定する必要があります。
本講座では、不正経理の事例を概観することで公表数字と実態の差を説明するとともに、

不正経理が起きやすい勘定科目とB/Sの修正方法を解説いたします。

■講師

特別講座『海外与信管理の方法』
三菱商事テクノス株式会社 常勤監査役 与信管理協会理事 大宮 有史様

特別講座『中国調書の読み方』
リスクモンスター株式会社 与信管理士 首席アナリスト 川本 聖人

特別講座『不正経理の事例研究とB/Sの実態修正法』
リスクモンスター株式会社  シニアコンサルタント 小倉 康夫

※内容は変更される場合がございます。ご了承ください。

定員 90名様限定
※それぞれ事前登録制。1企業2名様まで。
お申込多数の場合先着順とさせて頂きます。
対象

難易度:★★~★★★

与信管理ご担当者様、営業ご担当者様 等

お問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター セミナー事務局

〒103-0027

東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル

TEL 0120-259-440  FAX 03-6214-0434

E-mail seminar@riskmonster.co.jp

サイバックスUniv.ID セミナーお申込み方法(PDF:916KB)

page top