大阪 特別講座 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国における債権保全・回収の実態【9000036105】

  1. TOP
  2.  
  3. セミナー情報
  4. 大阪 特別講座 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国における債権保全・回収の実態【9000036105】

与信管理セミナー  <会員向け>

大阪 特別講座 海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定/中国における債権保全・回収の実態【9000036105】

旬のテーマ、専門テーマで各講師をお招きしご講演いただきます。

開催日 2018年9月14日(金)13:30~17:00(13:00開場)
会場

TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 10階 バンケット10B(旧1001号)

※2018年1月10日より、トレードピア淀屋橋10階会議室は
「TKPガーデンシティ大阪淀屋橋」の名称になりました。

所在地

大阪府大阪市中央区今橋2-5-8 トレードピア淀屋橋10F(地図はこちら

<交通アクセス>

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄『淀屋橋』駅 徒歩5分
地下鉄堺筋線 ・京阪電鉄『北 浜』駅 徒歩5分

参加費 無料
内容

■テーマ

13:30~15:00

特別講座『海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定』

・国内取引との抜本的違いについて
・リスクの種類と内容について
・業務履行、遂行上の必要知識について 等


15:00~15:15 休憩

15:15~15:30 リスクモンスターサービス提案

15:30~17:00

特別講座『中国における債権保全・回収の実態』

海外への事業展開や販路拡大を行う上で、中国は身近な隣国ということもあり、はじめに検討される地域といえます。そのため、多くの日本企業において中国に関わるビジネスが重要な部分を占めています。
しかし、身近な隣国とはいえ、法制度は異なるものも多く、日本との違いを理解しておかなければ、思わぬトラブルに巻き込まれ債権回収が滞るリスクもあります。
そこで、海外での実務経験が豊富な専門家の先生をお招きし、債権保全・回収制度が日本とどのように異なるのか、また実際の対策についてご解説いただきます。
中国でのビジネスを実際に展開されている、または検討されている企業の与信管理・法務のご担当者の皆様は是非この機会にご参加いただき、実務にお役立てください。

■講師

特別講座『海外取引審査の方法とリスク管理方針の策定』
太陽鉱工株式会社
元 日商岩井(株)法務審査部長
嘉納 潤一 氏

特別講座『中国における債権保全・回収の実態』
弁護士法人淀屋橋・山上合同
弁護士 金 大燁 氏

※内容は変更される場合がございます。ご了承ください。

定員 72名様限定
※それぞれ事前登録制。1企業2名様まで。お申込多数の場合先着順とさせて頂きます。
対象 難易度:★~★★
新たに与信管理・審査業務のご担当になられた方、
これから与信管理の基礎知識を習得されようとする方等
お問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター セミナー事務局
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL 0120-259-440  FAX 03-6214-0434
E-mail seminar@riskmonster.co.jp

サイバックスUniv.ID セミナーお申込み方法(PDF:916KB)

page top