東京 特別講座 事例に学ぶB/Sの実態修正法/与信管理担当者が知っているべき不動産鑑定の実務と実際【9000044586N】

  1. TOP
  2.  
  3. セミナー情報
  4. 東京 特別講座 事例に学ぶB/Sの実態修正法/与信管理担当者が知っているべき不動産鑑定の実務と実際【9000044586N】

一般向けセミナー  <一般向け>

東京 特別講座 事例に学ぶB/Sの実態修正法/与信管理担当者が知っているべき不動産鑑定の実務と実際【9000044586N】

旬のテーマ、専門テーマで各講師をお招きしご講演いただきます。

開催日

2020年2月17日(月)13:30~17:00(13:00開場)
※日程が変更となりました

会場

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 本館3階 カンファレンスルーム315

所在地

東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル (地図はこちら

<交通アクセス>

東京メトロ東西線「日本橋(東京都)」駅 A1 徒歩1分
都営浅草線「日本橋(東京都)」駅 A1 徒歩1分
都営エアポート快特「日本橋(東京都)」駅 A1 徒歩1分
東京メトロ銀座線「日本橋(東京都)」駅 A1 徒歩1分
JR京浜東北線「東京」駅 日本橋口 徒歩4分
JR京葉線「東京」駅 日本橋口 徒歩4分
JR快速エアポート成田「東京」駅 日本橋口 徒歩4分
JR快速アクティー「東京」駅 日本橋口 徒歩4分

参加費 無料
内容

■テーマ

13:30~15:00 

特別講座『事例に学ぶB/Sの実態修正法』

与信判断の上で決算書は極めて有用な資料です。
しかし、決算書には作る側の意図の反映される余地があり、公開企業と中小企業では基準にも違いがあります。
また、かつては「粉飾決算」と言われたものは、今では「不適切な会計処理」と言われることが通例です。
経済活動の複雑化や「原則主義」会計基準の進展も影響しています。
本講座では、実態と公表数字に違いの生じやすい勘定科目につき、「不適切」として公表された事例を参考に解説いたします。


15:00~15:15 休憩

15:15~15:30 リスクモンスターサービスご利用提案


15:30~17:00

特別講座『与信管理担当者が知っているべき不動産鑑定の実務と実際』

与信判断をする上で取引先または代表者一族が保有している不動産の評価を行い、
資金調達余力を知ることは非常に重要です。
保全をするためには不動産を担保取得することもあり、
その際にはよりシビアに不動産の価値算定をせねばなりません。
その為に与信担当者が知っておくべき実務知識をご講義いただきます。


■講師

特別講座『事例に学ぶB/Sの実態修正法』
 シニアコンサルタント 小倉 康夫 氏


特別講座『与信管理担当者が知っているべき不動産鑑定の実務と実際』

 株式会社川端不動産研究所

 代表取締役 不動産鑑定士 川端 一郎 氏



※受付時にお名刺を1枚頂戴しますので、必ずお持ちください。

※会場および内容は変更される場合がございます。ご了承ください。

※講義開始後の途中入室はご遠慮ください(休憩時間を除く)。
止むを得ず途中からのご参加をご希望の場合は、事前にセミナー事務局までご連絡ください。

定員

44名様限定
※それぞれ事前登録制。1企業2名様まで。
お申込多数の場合先着順とさせて頂きます。

対象

難易度:★★~★★★

与信管理ご担当者様、営業ご担当者様 等
※法人企業様に限らせていただきます

お問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター セミナー事務局

〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル

TEL 0120-259-440  FAX 03-6214-0434

E-mail seminar@riskmonster.co.jp

page top