ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

お問い合わせ

よくあるご質問

閉じる

ここから本文になります。

債権保証サービスの重要性

債権保証サービスの意義

債権保証サービスとは、取引先の倒産や資金不足によって、販売代金の貸倒れ(いわゆる「焦付き」)や回収遅延が発生した際に、あらかじめ契約しておくことで回収予定金額の全部または一部についてカバーしてくれるものです。

主に①取引信用保険、②保証ファクタリング、③個別債権保証の3種があります。

コストやリターンなどにおいてそれぞれ一長一短があり、会社の経営方針・与信管理方針、予算やその取り組み内容、取引先の与信リスクの状況によって、適正に選択、もしくは使い分ける事が重要です。

①取引信用保険
取引先企業が倒産などにより販売代金の回収が不能になった場合、保険金によって損害をカバーしてくれる保険です。基本的に売掛金全体が対象となります。
②保証ファクタリング
ファクタリング会社が貸倒れ等による損害をカバーしてくれるサービスです。基本的に数社単位のまとまった契約になることが多いです。
③個別債権保証
保証会社が貸倒れ等による損害をカバーしてくれるサービスです。1社単位から契約が可能です。

債権保証サービスの主なメリット

営業機会の損失回避

安心して積極的な営業展開が図れますので、取引先への営業・販売機会を失うことなく、営業部署の生産性も向上します。「せっかく商談を進めたのに、回収できるか分からないので取引をあきらめた」などということが回避できます。

対外信用力の向上

貸借対照表(B/S)における売掛金や受取手形といった売掛債権について回収リスクがないことをアピールすることができ、決算書の信頼性が増し、取引銀行や仕入先、株主に対する信用力が向上します。

資金繰りの安定化

不慮の貸倒れによる回収不足を早期にカバーできるため、資金繰りを安定させることができます。また貸倒損失によって大きく利益を損なうことがなくなるため、利益を安定的に計上することができます。

税制上のメリット

コストは全額損金として処理が可能です。税制上のメリットも享受できます。

債権保証サービスを利用すれば与信管理業務はしなくていい?

⇒ いいえ。そうではありません!!

与信管理を行っていても貸倒れリスクはゼロにならない

残念ながら与信管理を行っていても貸倒れリスクはゼロになりません。不慮の損失を回避し経営を安定化させるためにも保証サービスを利用するメリットはあります。

保証サービスは永久ではない

債権保証サービスは永久に取引先債権を保証してくれるものではありません。取引先の信用力の悪化、倒産状況の変化により、債権保証サービスを利用していた取引先についてサービス提供を受けられない、減額されるなどの可能性は否定できません。

債権保証サービスのコストは効率化できる

与信管理を行っているからこそ、どの取引先にどの程度のリスクがあるのかを把握できます。それを把握しながら効率的に債権保証サービスを利用することによってコストを効率化することができます。

与信管理の目的は貸倒れ回避だけではない

与信管理のプロセスの中において、取引先の状況を把握することで取引先の経営課題やニーズを的確につかむことができ、提案に結びつけることができます。

債権保証サービスラインナップ

与信管理のプロの目で選び抜いた債権保証サービス

リスモンでは以下のようなサービスラインナップを用意しております。与信管理のプロフェッショナルとして様々な会社の与信管理のご支援をしているリスモンが貴社のご予算・取引実態に合わせて最適なご提案をいたします。

債権保証サービスの見直しは無料!個別案件の仮審査も行っております。ぜひお問い合わせください。

債権保証サービスの与信額や信用力に対する分布図
ファクタリングとは
売掛債権(売掛金・受取手形)を保証するサービスです。保証した販売先が倒産した場合は保証範囲内で保証金額が支払われます。保証引受は10社程度からとなります。保証期間の設定は1年間です。

保証サービス無料審査受付中 お申込みはこちら

共済サービスはこちら

月額1万円で、貸倒れによる損失を一部軽減。

与信のミカタはこちら

会員様限定の取引信用保険プラン。与信管理体制の改善で保険料の負担軽減。(与信管理手法の提案もいたします)

Secured Monsterはこちら

会員様限定、1社単位で引受可能の売掛債権保全プラン。

資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

フリーコール 0120-259-440 03-6214-0350(携帯電話用)

平日9:00-18:00(土・日・祝休)

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。