ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

お問い合わせ

よくあるご質問

閉じる

ここから本文になります。

リスモン調べ:2015年

第3回「世界に誇れる日本企業」調査“ものづくり日本”を象徴する企業が選出!!

2015年5月29日

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下リスモン、本社:東京都中央区)は、第3回「世界に誇れる日本企業」調査結果を発表いたしました。

1.実施概要

  • 調査名称 : 第3回「世界に誇れる日本企業」調査
  • 調査方法 : インターネット調査
  • 調査エリア : 全国
  • 調査期間 : 2015年4月17日(金)~2015年4月19日(日)
  • 調査対象者 : 20~59歳の有職者男女個人、60~69歳の男女個人
  • 有効回収数 : 1,000サンプル
  • 調査対象企業 : 年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出

2.調査結果

[1]「トヨタ自動車」が3連覇!やはり強い製造業!!

今回で第3回となります「世界に誇れる日本企業」調査。今回もランキング1位は、「トヨタ自動車」となり、第1回からの3連覇となりました。次いで「パナソニック」、「本田技研工業(ホンダ)」が2位、3位と続き、以下「ソニー」、「キヤノン」、「日産自動車」、「日立製作所」と続きました。(図表A)なお、トップ100については図表Bの通りです。

前回との比較では、上位6社の顔触れに変化はないものの、「パナソニック」(前回4位→今回2位)、「キヤノン」(前回6位→今回5位)の2社が順位を上げる一方、「ソニー」(前回2位→今回4位)、「日産自動車」(前回5位→今回6位)の2社は順位を下げ、明暗を分ける形になりました。

7位以下では、特に「富士フイルム」が大きく順位を上げ(前回26位→今回10位)、2014年に世界的に感染が拡大したエボラ出血熱の治療薬を開発した期待感が反映された結果と思われます。一方、「全日本空輸(ANA)」が大幅にランクダウンした(前回12位→今回20位)のは、近年の格安航空会社(LCC)の台頭による競争激化による国内航空会社(スカイマーク)の倒産や相次ぐ航空機の事故など昨今の航空情勢における業界全体の不安感が反映された結果と考えられます。(図表C

[2]モノづくり日本の根幹にこそ、日本国民はプライドを持っている!

上場企業における売上規模上位企業を調べてみると、今回のアンケートの上位に選出されていない通信、商社、鉄鋼などの非製造業の企業が存在します。(図表D

これらの企業を選ばず「世界に誇れる日本企業」として製造業がランキング上位の殆どを占めたことは、すなわち高い技術力や開発力、製品力(品質)という、モノづくり日本の根幹に日本国民はプライドを持っているということが表されています。

3.総評

今回のランキングでは上位100社中53社がモノづくりの企業となりました。これらの企業は、高い技術力や品質を武器として、事業規模を拡大し、それらの商品を世界に送り出すことで、輸出大国としての日本の地位を築きあげることに貢献してきた企業であり、まさに日本が世界に誇るべき部分です。今後も日本経済の発展のために重要な役割を担っている企業といえます。

一方、今回のアンケート結果において、日本における流通・運送業の雄であるヤマト運輸やセブン-イレブン、ITサービスを牽引する楽天やヤフー、日本の代名詞「おもてなし」を感じることのできる全日本空輸や帝国ホテルなどの非製造業も選出されています。今回上位にランクインした非製造業の企業には、日本がモノづくりだけの国ではない、という新たな評価の原動力になることを期待します。

2020年東京オリンピックを見据え、日本経済の活性化に対する期待感は増している状態にあります。製造業、非製造業に関わらず、技術力や品質の高さ、だけでなく、目に見えない「おもてなし」を武器にして一層の飛躍を期待します。

本編はダイジェスト版です。詳細な内容は、以下掲載サイトよりご覧いただけます。

リスモン情報

リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「仕事に対する満足度」、「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでまいります。
詳細サイトはこちら

リスモンの概要(東京証券取引所ジャスダック上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。
 リスモングループ法人会員数は、2014年9月末時点で9,765(内、与信管理サービス等4,892、ビジネスポータルサイト等3,221、その他1,652)となっております。

リスモンの企業格付

本件に関するお問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター 広報担当
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL:03-6214-0350 e-mail:press@riskmonster.co.jp

図表A 第3回「世界に誇れる日本企業」アンケート/ランキングベスト20

(n=1,000/複数回答)

順位 企業名 都道府県 業種 回答率
1 トヨタ自動車 愛知県 自動車製造業 63.0%
2 パナソニック 大阪府 電気機器製造業 37.9%
3 本田技研工業(ホンダ) 東京都 自動車製造業 36.9%
4 ソニー 東京都 電気機器製造業 35.8%
5 キヤノン 東京都 業務用機械器具製造業 30.6%
6 日産自動車 神奈川県 自動車製造業 30.3%
7 日立製作所 東京都 電気機器製造業 29.0%
8 東芝 東京都 電気機器製造業 27.5%
9 任天堂 京都府 娯楽用具・がん具製造業 24.8%
10 富士フイルム 東京都 化学工業 24.1%
11 ブリヂストン 東京都 タイヤ製造業 23.7%
12 TOTO 福岡県 衛生陶器・住宅設備製造業 23.2%
13 富士通 東京都 電気機器製造業 23.1%
14 ヤマハ 静岡県 ピアノ・楽器類製造業 21.8%
15 サントリー 大阪府 飲料品等製造業 21.4%
15 ヤマト運輸 東京都 道路貨物運送業 21.4%
17 三菱重工 東京都 輸送用機械器具製造業 21.2%
18 シャープ 大阪府 電気機器製造業 21.1%
19 味の素 東京都 食料品製造業 19.4%
20 ニコン 東京都 精密機械器具製造業 19.1%
20 全日本空輸(ANA) 東京都 航空運輸業 19.1%
図表B 第3回「世界に誇れる日本企業」アンケート/ランキングベスト100

(n=1,000/複数回答)

順位 企業名 回答率 順位 企業名 回答率
1 トヨタ自動車 63.0 53 伊藤忠商事 13.7
2 パナソニック 37.9 54 楽天 13.4
3 本田技研工業(ホンダ) 36.9 55 バンダイ(BANDAI) 13.3
4 ソニー 35.8 56 旭化成 13.1
5 キヤノン 30.6 57 アシックス 12.8
6 日産自動車 30.3 57 住友商事 12.8
7 日立製作所 29.0 59 鹿島建設 12.7
8 東芝 27.5 60 武田薬品 12.6
9 任天堂 24.8 60 ソフトバンク 12.6
10 富士フイルム 24.1 62 ダイキン 12.5
11 ブリヂストン 23.7 62 デンソー 12.5
12 TOTO 23.2 64 明治 12.1
13 富士通 23.1 65 新日鉄住金 11.9
14 ヤマハ 21.8 65 タカラトミー 11.9
15 サントリー 21.4 65 ヤフー 11.9
15 ヤマト運輸 21.4 65 丸紅 11.9
17 三菱重工 21.2 69 クボタ 11.8
18 シャープ 21.1 70 カゴメ 11.7
19 味の素 19.4 71 日本電信電話(NTT) 11.5
20 ニコン 19.1 72 ワコール 11.3
20 全日本空輸(ANA) 19.1 73 旭硝子 11.2
22 日清食品 18.5 74 大成建設 11.0
23 オリンパス 18.4 75 グリコ 10.9
23 日本電気(NEC) 18.4 75 神戸製鋼 10.9
25 カシオ計算機 18.3 77 YKK AP 10.7
26 資生堂 17.7 78 伊藤園 10.6
27 セブン-イレブン 17.6 79 清水建設 10.5
28 帝国ホテル 17.5 80 大日本印刷(DNP) 10.4
29 京セラ 17.2 80 西日本旅客鉄道
(JR西日本)
10.4
30 スズキ 17.0 82 カルビー 10.3
31 小松製作所(コマツ) 16.9 83 森永乳業 10.2
31 東日本旅客鉄道
(JR東日本)
16.9 83 日本通運(日通) 10.2
33 日本航空(JAL) 16.8 85 大林組 10.0
34 川崎重工業 16.7 85 佐川急便 10.0
35 キリンビール 16.6 87 オリエンタルランド 9.9
36 キユーピー 16.4 88 日本郵船 9.8
37 タニタ 16.1 89 三菱東京UFJ銀行 9.6
38 ファーストリテイリング
(ユニクロ)
16.0 90 商船三井 9.4
39 アサヒビール 15.9 91 大塚製薬 9.3
40 東レ 15.8 91 帝人 9.3
41 東海旅客鉄道(JR東海) 15.6 93 コクヨ 9.2
42 三菱商事 15.4 94 電通 8.8
43 キッコーマン 15.3 95 ソニー・ミュージックエンタテインメント 8.7
43 三菱電機 15.3 96 山崎製パン 8.5
45 ヤクルト 14.9 96 王子製紙 8.5
46 リコー 14.7 98 JFEスチール 8.4
46 サンリオ 14.7 98 KDDI 8.4
48 セイコーエプソン 14.4 100 アイシン精機 8.3
49 三井物産 14.1      
50 花王 13.8      
50 IHI 13.8      
50 NTTドコモ 13.8      
図表C 第3回「世界に誇れる日本企業」アンケート/ランキング上位前回比較
今回
順位
前回
順位
変動 企業名 今回
回答率(%)
前回
回答率(%)
変動幅
1 1 →(0) トヨタ自動車 63.0 64.5 ▲1.5Pt.
2 4 ↑(2) パナソニック 37.9 36.6 +1.3Pt.
3 3 →(0) 本田技研工業(ホンダ) 36.9 40.5 ▲3.6Pt.
4 2 ↓(-2) ソニー 35.8 40.6 ▲4.8Pt.
5 6 ↑(1) キヤノン 30.6 29.0 +1.6Pt.
6 5 ↓(-1) 日産自動車 30.3 31.1 ▲0.8Pt.
7 8 ↑(1) 日立製作所 29.0 26.4 +2.6Pt.
8 10 ↑(2) 東芝 27.5 25.8 +1.7Pt.
9 7 ↓(-2) 任天堂 24.8 26.5 ▲1.7Pt.
10 26 ↑(16) 富士フイルム 24.1 17.5 +6.6Pt.
11 9 ↓(-2) ブリヂストン 23.7 26.2 ▲2.5Pt.
12 19 ↑(7) TOTO 23.2 19.1 +4.1Pt.
13 15 ↑(2) 富士通 23.1 21.2 +1.9Pt.
14 14 →(0) ヤマハ 21.8 21.3 +0.5Pt.
15 17 ↑(2) サントリー 21.4 20.6 +0.8Pt.
15 13 ↓(-2) ヤマト運輸 21.4 21.4 +0.0Pt.
17 16 ↓(-1) 三菱重工 21.2 20.8 +0.4Pt.
18 11 ↓(-7) シャープ 21.1 23.3 ▲2.2Pt.
19 19 →(0) 味の素 19.4 19.1 +0.3Pt.
20 21 ↑(1) ニコン 19.1 19.0 +0.1Pt.
20 12 ↓(-8) 全日本空輸(ANA) 19.1 22.4 ▲3.3Pt.
図表D 第3回「世界に誇れる日本企業」アンケート/上場企業の売上高ランキング
順位 企業名 業種 売上高(連結) 決算期
1 トヨタ自動車 自動車製造業 27兆2345億円 2015/3期
2 本田技研工業(ホンダ) 自動車製造業 12兆6467億円 2015/3期
3 日本電信電話(NTT) 情報・通信業 10兆9252億円 2014/3期
4 日産自動車 自動車製造業 10兆4825億円 2014/3期
5 日立製作所 電気機器製造業 9兆6162億円 2014/3期
6 ソニー 電気機器製造業 8兆2159億円 2015/3期
7 丸紅 総合商社 7兆8343億円 2015/3期
8 パナソニック 電気機器製造業 7兆7150億円 2015/3期
9 三菱商事 総合商社 7兆6695億円 2015/3期
10 東芝 電気機器製造業 6兆5025億円 2014/3期
11 新日鉄住金 鉄鋼業 5兆6100億円 2015/3期
12 伊藤忠商事 総合商社 5兆5914億円 2015/3期
13 三井物産 総合商社 5兆4049億円 2015/3期
14 富士通 電気機器製造業 4兆7532億円 2015/3期
15 NTTドコモ 情報・通信業 4兆3834億円 2015/3期
16 KDDI 情報・通信業 4兆3336億円 2014/3期
17 三菱電機 電気機器製造業 4兆3230億円 2015/3期
18 デンソー 輸送用機械器具製造業 4兆3088億円 2015/3期
19 三菱重工 輸送用機械器具製造業 3兆9921億円 2015/3期
20 住友商事 総合商社 3兆7622億円 2015/3期

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。