調査結果発表:リスモン調べ~第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査~若手社員の6人に1人が入社当初から転職を意識!

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 調査結果発表:リスモン調べ~第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査~若手社員の6人に1人が入社当初から転職を意識!

第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査
若手社員の6人に1人が入社当初から転職を意識

 

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本太一、以下リスモン)は、第1回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表いたしました。

 

調査結果

①4割の若手新卒社員が3年以内の転職を意識

 調査対象者600名に聞いた「仕事・会社に対する勤続意欲」は「3年後も勤務し続けていると思う」(回答率58.2%)が「3年後は勤務し続けていないと思う」(同41.8%)を上回る結果となり、約4割の若手新卒社員が3年以内の転職を意識していることが明らかとなりました。
 男女別では男性において「3年後も勤務し続けていると思う」(同68.3%)が大幅に上回っていたのに対して、女性においては「3年後は勤務し続けていないと思う」(同52.0%)の方が多い結果でした。
 入社年次別では「3年後も勤務し続けていると思う」と回答したのが「新卒入社1年目」(同59.0%)、「新卒入社2年目」(同64.0%)において多かったのに対して、「新卒入社3年目」では同51.5%とほぼ半々にまで低下していました。(図表A)

 

②終身雇用に対する意識が低下

 「3年後も勤務し続けていると思う」と選択した理由を尋ねたところ、1位「勤務時間や休日が自分に合っているから」(回答率37.2%)、2位「福利厚生が充実しているから」(同33.0%)、3位「給料が良いから」(同30.4%)という結果となり、男女別において男性では「給料が良いから」(同33.7%)、女性では「福利厚生が充実しているから」(同39.6%)という意見が異性に比べて大幅に高い回答率となりました。(図表B)

 一方「3年後は勤務し続けていないと思う」と選択した理由を尋ねたところ、1位の「給料が低いから」(回答率44.2%)が圧倒的に高い回答率となり、次いで2位「仕事にやりがいを感じないから」(同30.3%)、3位「最初から転職するつもりだったから」(同16.7%)という結果となりました。特に、理由の「最初から転職するつもりだから」においては「男性」(同21.1%)、「新卒入社1年目」(同23.2%)を中心に高い回答率となっている点から、昨今の就職においては過去の終身雇用に対する意識が低くなっている様子がうかがえます。(図表C)

 

③勤務先に対する不満が若手社員の勤続意欲に大きく影響

 勤務先に対するブラック企業の意識について調査したところ「勤務先はブラック企業だと思う」(回答率33.0%)は「勤務先はホワイト企業だと思う」(同67.0%)を大きく下回りましたが、およそ3人に1人は自身が勤務する会社がブラック企業だと感じているという結果となりました。
 「勤務先はブラック企業だと思う」という回答においては男性(同30.3%)よりも女性(35.7%)の方が約5ポイント上回っており、また、「新卒入社1年目」(同30.0%)よりも「新卒入社2年目」(同35.5%)、「新卒入社3年目」(同33.5%)の方が高い回答率でした。(図表D)

 

 勤務先に対する「ブラック企業意識」と「勤続意欲」の関連性について集計したところ「勤務先はホワイト企業だと思う」と回答した人の7割近くが「3年後も勤務し続けていると思う」と回答したのに対して、「勤務先はブラック企業だと思う」と回答した人の約6割が「3年後は勤務し続けていない」と回答していました。勤務先が本当にブラック企業であるか否かは本調査において定かではありませんが、勤務先に対する不満が若手社員の勤続意欲に大きく影響していることが浮き彫りとなった結果が見受けられます。(図表E)

 

総評 - 勤める側の意識が「終身雇用」の時代から大きく変化していることが明確に

 本調査によれば、性別や入社年次によって多少の差はあるものの新卒若手社員の「約4割」が3年後には現在の勤務先に勤め続けていないだろうと考えており、「3人に1人」が勤務先をブラック企業だと思っていることがわかりました。(図表A・D)

 さらに20代~40代の会社員を調査対象とした第4回「仕事・会社に対する満足度」調査の結果と比較すると本調査の方が「現在の勤務先に勤め続けたくない」、「勤務先はブラック企業だと思う」のいずれにおいても回答率が約7ポイント高くなっていることから、若手社員の方が勤務先に対する不満が高く、勤続意欲が低い傾向にあることがうかがえます。(図表F)

 

 若手社員における「勤続意欲の低さ」や「勤務先への不満」の最大の理由として挙げられているのが「給料の低さ」、「やりがいの感じられない仕事」ですが、その一方で「現在の勤務先に勤め続けたくない」と考えている人の「6人に1人」が「最初から転職するつもりだった」ということを考えると会社や仕事への不満の有無にかかわらず勤める側の意識が「終身雇用」の時代から大きく変化していることも要因の一つになっていると考えられます。
 今や「終身雇用」は過去の話と言われ複数回の転職を重ねるビジネスパーソンも少なくありません。しかし会社にとって若手社員とは数十年先の自社の未来を築いていくための非常に重要な経営資源の一つであるといえます。故に、会社としても優秀な人材を確保し長きにわたって自社で活躍してもらえるように育てていかなければなりません。生え抜き社員のみで組織を作り上げていくだけでは、もはや時代遅れの経営とも言えるのではないでしょうか。「最初から転職するつもりだった」という若手社員すらも、「この会社で長く勤めたい」と思わせることができるような会社にしていくことは勿論のこと、優秀な人材に「この会社に転職したい」と思われる魅力ある会社にしていくことが現代の経営に求められているのではないでしょうか。
※本編はダイジェスト版です。詳細な内容は、こちらよりご覧いただけます。
 
 

リスモン情報

リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
掲載サイトはこちら https://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPクラウドサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要として、教育関連事業(定額制の社員研修サービス「サイバックスUniv.」)やビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)、BPOサービス事業、海外事業(利墨(上海)商務信息咨詢有限公司)にサービス分野を拡大し、包括的な戦略で事業を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2021年9月末時点で14,060(内、与信管理サービス等7,043、ビジネスポータルサイト等3,147、教育事業その他3,870)となっております。
ホームページ https://www.riskmonster.co.jp/

本件に関するお問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター 広報担当
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL:03-6214-0354 e-mail:press@riskmonster.co.jp

page top