ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

リスモン調べ

「リスモン調べ」とは、リスクモンスターが独自に調査するレポートのことです。
「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでまいります。

第6回「企業の取引リスクに対する意識」調査

2019年12月発表
第6回「企業の取引リスクに対する意識」調査における業況判断DIは、▲10.0ポイントとなりました。2018年調査時(DI値+6.6ポイント)に比べて大幅に低下しており、景況感の悪化が明らかになっている結果となりました。

第3回「第3回 合コンしたい企業ランキング」調査

2019年12月発表
第3回「第3回 合コンしたい企業ランキング」調査において、業種としては、公務員が1位「国家公務員」、2位「地方公務員」と前回に続き高い人気を集めたほか、航空運輸業の2社(全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL))も上位となっている。また、電気機器製造業3社(ソニー、パナソニック、アップル(Apple))やその他製造業5社(トヨタ自動車、任天堂、サントリー、資生堂、ワコール)と、製造業が8社(前回11社)を占めていることから、製造業の人気が表れた結果となりました。

第1回「令和に飛躍が期待される新進気鋭企業ランキング」調査

2019年11月発表
第1回「令和に飛躍が期待される新進気鋭企業ランキング」調査において、ランキング1位は「ウェルビー」(収益伸長指数0.51)となり、次いで2位「オプトラン」(同0.37)、3位「ストライク」(同0.35)、4位「グッドコムアセット」(同0.29)、5位「キャリア」(同0.24)、上位20社にランクインしている業種としては、人材紹介派遣業が3社(キャリア、日総工産、エスユーエス)で最多となったが、その他は業種が分散する結果となりました。

第5回「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査

2019年10月発表
第5回「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査において、1位は「地方公務員」でした。次いで2位は「国家公務員」、3位が「グーグル(Google)」と続きました。業種としては、食料品製造業が3社(明治、味の素、日清食品)と電気機器製造業が3社(ソニー、アップル(Apple)、パナソニック)と最も多い結果となりました。

第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査

2019年9月発表
第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査において、自身が働く職場と比べて、どれほど「隣の芝(企業)が青く見えているか」という観点で調査を行いました。羨ましいと思う企業名に関しては、1位「国家公務員」、2位「地方公務員」、事業会社の中では、「トヨタ自動車」が前回調査に続いて1位となっており、公務員に対する羨望度の高さがうかがえる結果となりました。

第1回「100年後も生き残ると思う平成生まれの日本企業」調査

2019年8月発表
第1回「100年後も生き残ると思う平成生まれの日本企業」調査において、1位は「楽天」でした。次いで2位は「ヤフー」、3位が「LINE」と続きました。 業種としてはインターネット付随サービス業6社、情報サービス業5社と情報通信業が上位20社のうち11社を占める結果となりました。

第11回「格付ロジック改定によるRM格付変動の影響」調査

2019年7月発表
2019年6月16日に実施された「格付ロジック改定」に伴い、166,324件の格付が変動しました。
格付変動企業のうち、2ランク以上の変動企業は少なく、全体の92.9%は1ランク以内の変動に留まる結果となりましたが、今回のロジック改定においては、AI技術を導入したほか、業種・地域ごとの倒産動向を捉えた企業分析を強化し、その結果、概ね格付ロジック改定の趣旨に沿った格付変動となっている事が確認されました。

第7回「金持ち企業ランキング」調査

2019年7月発表
第7回「金持ち企業ランキング」調査調査において、1位は「東芝」でした。次いで2位は「任天堂」、3位が「信越化学工業」と続きました。 上位にランクインしている業種としては、輸送用機械器具製造業が最多の3社を占め、上位20社のうち、13社が製造業となり、上位企業に占める製造業の割合が高く、製造業におけるCachの潤沢度合がうかがえる結果となりました。

第9回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」調査

2019年6月発表
第9回 「この企業に勤める人と結婚したいランキング」調査において、1位は「国家公務員」でした。次いで2位は「地方公務員」、3位が「トヨタ自動車」と続きました。 業種別では、製造業が8社と最も多く、総合商社3社と続きました。

第6回「仕事・会社に対する満足度」調査

2019年5月発表
第6回 「仕事・会社に対する満足度」調査において、仕事・会社に対する勤続意欲は、「今後も勤め続けたい」が「勤め続けたくない」を大きく上回りましたが、前回調査より勤続意欲の低下がうかがえる結果となりました。

著作権・引用について

当社ウェブサイト上の記事・データ・イラスト等のコンテンツの著作権は、すべてリスクモンスター株式会社に帰属しています。
コンテンツを引用等する場合は、こちらをご覧ください。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。