ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

よくあるご質問

閉じる

ここから本文になります。

現在の評価指標に不満がある

与信管理の新スタンダード、倒産確率に裏付けされた与信判断指標を
ご提供します。

RM格付

POINT01

倒産リスクに的を絞った格付。
倒産の約92%がE・F格から発生。

POINT02

国内最大規模約460万社のデータベースを活用。中小規模の企業まで情報を保有。

POINT03

毎日更新され過去〜現在〜未来の格付の変遷も把握可能!

典型的な評価指標の課題

倒産確率で裏付けられていない。
取引判断に必要なのは、倒産するかしないかです。したがって、倒産実績・倒産確率に裏付けられた指標で取引判断を行う必要があります。
決算書未入手の企業を評価できない。
取引先から決算書を入手しにくい状況の場合、評価指標が有効に機能しません。少数の担当者に頼る形になり、分析が属人的になります。
評価するための情報が不十分。
現場からの情報は重要ですが、偏った評価となる可能性もあり、十分とは言えません。自社以外から得られる情報を最大限活用し、組み合わせて評価していく必要があります。

RM格付 基本機能1

リスクモンスターでは国内最大級の企業データベース(約460万社)と倒産企業のデータを比較分析することで、その信用力を6段階に格付しています。30を超える仕入先などから特殊情報を毎日収集し、タイムリーに格付に反映させているため、会員企業様は常にアップデートされた最新の情報をご確認頂けます。高精度を誇る「RM格付」は、与信管理ルールの基準となる明確な指標となりますので、取引先の判断に大きな力を発揮します。

格付けフロー

株式会社東京商工リサーチを中心とした信用調査会社や、登記情報などの公知情報

RM格付 国内最大級の倒産指標約460万社
倒産確率グラフ
毎日見直しを行っているので、過去から現在そして将来に向けて、格付の変遷を時系列で把握可能!
導入実績
与信管理ASPサービスNo.1の信用と実績!
  • 法人会員数5,979(2018年6月末現在)
  • 導入会員の特長

上場企業および上場グループ企業で会員の約40%を占めます。またIPOを目指す成長企業でも積極的に導入されています。あらゆる業種にフィットするので、業種業界問わずご利用頂けます。(※図1)

上場別・業種別・売上規模別グラフ

導入後得られるメリット

取組方針を明確にかつスピーディに定めることができます。
倒産確率に裏付けられた指標であるため、積極的に売り込むべきか、現状維持に努めるか、または撤退するのかといった取組方針を明確に決めることができます。また与信対象となる殆どの企業に既に格付が付いていますので、スピーディに取引判断を行うことができます。
与信管理業務の効率化に結びつきます。
格付を基にした全社的な与信管理ルールを定めることでリスクに応じた管理体制を構築でき、与信管理業務の効率化と審査能力の向上が図れます。
情報不足の不安を払拭します。
多角的な情報収集を行い、それらをタイムリーに反映した格付を活用することで、自社だけでは収集できない情報を意思決定に活用することができます。

過去~現在の格付を把握

e-与信ナビの詳細はこちら

現在~未来の格付を追跡

e-管理ファイルの詳細はこちら

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。