倒産リスクを判別する格付ロジックを改定~経済環境の改善に対応し、倒産要因の変化に対する分析力を強化!

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 倒産リスクを判別する格付ロジックを改定~経済環境の改善に対応し、倒産要因の変化に対する分析力を強化!

倒産リスクを判別する格付ロジックを改定
経済環境の改善に対応し、倒産要因の変化に対する分析力を強化!

 

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本太一、以下リスモン)は、経済環境の改善に伴う企業動向の変化などに対応するため、リスモン与信独自の与信指標である「RM格付」の格付ロジックを、2017年12月17日(日)に改定いたします。

 

改定のポイント-経済環境の改善に対応

①倒産確率の適時化

 経済環境や景気動向の変化により、倒産のトレンドは常に変化しており、表のとおり、2016/9から2017/9の1年間で比較しても、各財務指標における要警戒領域の倒産確率も変化が生じていることが分かります。これらの倒産トレンドの変化に対応するために、定期的に倒産実績の集計を行い、格付と倒産確率の乖離が生じないように調整を行いました。

②定性分析・定量分析の強化

 開示姿勢、資本背景、経営環境などの項目について、分析の強化を行った結果、倒産判別の向上が見込まれることから、定性評価ロジックを改定しました。
 また、経済環境が改善する中、売上高の変動と倒産の相関関係が強いと考えられる要素について見直しを行い、RM格付へ反映することで格付精度の向上を図ります。

 

③業種別分析の強化

 業種別の財務分析を強化し、細分化した各業種の財務特性をRM格付へ反映することで格付精度の向上を図ります。

 

RM格付の倒産判別力-0.32ポイント改善

 全倒産に占める低格付先の割合は、E・F格を合わせた警戒領域で、約0.32ポイント(91.69%→92.01%)の上昇が予想されます。(前回より0.32ポイント改善)

 今後もリスモンは、会員様の与信管理業務の精度および効率性の向上にお役立ていただけるようサービスの改善に取組んでまいります。

 

リスモン情報

リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
掲載サイトはこちら https://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

リスモンの概要(東京証券取引所スタンダード市場上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPクラウドサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要として、教育関連事業(定額制の社員研修サービス「サイバックスUniv.」)やビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)、BPOサービス事業、海外事業(利墨(上海)商務信息咨詢有限公司)にサービス分野を拡大し、包括的な戦略で事業を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2022年3月末時点で14,103(内、与信管理サービス等7,199、ビジネスポータルサイト等3,154、教育事業その他3,750)となっております。
ホームページ https://www.riskmonster.co.jp/

本件に関するお問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター 広報担当
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL:03-6214-0354 e-mail:press@riskmonster.co.jp

page top