調査結果発表:リスモン調べ~ 第2回「環境への配慮が感じられる企業ランキング」調査結果を発表

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 調査結果発表:リスモン調べ~ 第2回「環境への配慮が感じられる企業ランキング」調査結果を発表

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下リスモン、本社:東京都千代田区)は、第2回「環境への配慮が感じられる企業ランキング」調査を発表いたしました。

 

実施概要

・調査名称   :第2回「環境への配慮が感じられる企業ランキング」
・調査方法   :インターネット調査
・調査エリア  :全国
・調査対象企業 :年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出
・調査期間   :2013年8月30日(金)~9月1日(日)
・調査対象者  :20~59歳の有職者男女個人(800サンプル)
 

1.「環境への配慮が感じられる企業」アンケート/ランキング結果

 「環境への配慮が感じられる企業」アンケートのランキング1位は「イオン」(回答率15.8%)であった。次いで「トヨタ自動車」が2位(同15.3%)、「日本たばこ産業(JT)」が3位(同12.9%)となりました。以下「サントリー」(同10.3%)、「パナソニック」(同8.5%)、「アサヒビール」「日本コカ・コーラ」(同6.8%)と続いております。(図表A)
 業種としては、飲食料品製造業6社(日本たばこ産業(JT)、サントリー、アサヒビール、日本コカ・コーラ、キリンビール、味の素)、電気機械・器具製造業5社(パナソニック、ダイキン工業、IHI、シャープ、日立製作所)、自動車製造業2社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ))と、製造業がトップ20のうち13社を占めました。
 第1回調査から大きくランクアップしている企業としては、日本たばこ産業(18位→3位)、日本コカ・コーラ(32位→6位)、日本赤十字社(29位→10位)、日本マクドナルド(27位→12位)、日本生活協同組合連合会(CO・OP)(38位→13位)などが挙げられます。(図表B)

 

 

2.「環境への配慮が感じられる企業」アンケート/重視するイメージ

 同時に「環境への配慮が感じられる企業」に重視するイメージを聞いたところ、「環境への取り組み」を挙げる回答が45.3%と最も多くなりました。次いで「商品/サービス」(回答率32.4%)、「製品/商品のリサイクル」(同28.1%)、「CM・広告」(同25.6%)、「企業理念・姿勢」(同20.6%)の順となっております。(図表C)

 

 

3.総評

 今回のランキング上位の多くは、第1回調査においても上位にランクインしている企業であり、それらの企業については、広く環境への配慮が認識されている企業であるといえます。
 また、第1回調査ではトップ20のうち非製造業が4社であったのに対して、今回のランキングでは、7社に増加しています。これは、企業における環境への取り組みが、製造段階のみならず、販売・提供段階にわたって行われており、その活動が消費者からも認識されてきたことの表れともいえます。
 

 昨今、地球温暖化問題やCO2排出問題などにより、消費者の環境に対する意識は高まり続けています。故に、企業においても、消費者が環境に配慮した時に利用しやすい商品やサービスを提供することが、市場で消費者から選択される重要な要素の一つとなっています。すなわち、「環境に配慮していると感じられる企業」の上位ランキング先は、消費者に選択されやすい企業であるといえ、今後の市場の中核を担っていく企業ともいえます。
 では、逆に環境への配慮を蔑ろにしている企業の行く末はどうでしょうか。有害物資の排出を是正しない工場、適正な廃棄処理を行わない産廃業者は、地域住民から敬遠される。昨今問題となっている飲食店従業員による不衛生ないたずら等も、広義では消費者の環境を配慮していないものといえるでしょう。近年汚染物質の流出が問題となっている電力会社においては、環境への配慮を最優先課題として、問題の解決に努めてほしいものです。

リスモン情報

リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
掲載サイトはこちら https://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

リスモンの概要(東京証券取引所スタンダード市場上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPクラウドサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要として、教育関連事業(定額制の社員研修サービス「サイバックスUniv.」)やビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)、BPOサービス事業、海外事業(利墨(上海)商務信息咨詢有限公司)にサービス分野を拡大し、包括的な戦略で事業を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2022年3月末時点で14,103(内、与信管理サービス等7,199、ビジネスポータルサイト等3,154、教育事業その他3,750)となっております。
ホームページ https://www.riskmonster.co.jp/

本件に関するお問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター 広報担当
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL:03-6214-0354 e-mail:press@riskmonster.co.jp

page top