調査結果発表:リスモン調べ ~第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を発表

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 調査結果発表:リスモン調べ ~第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を発表

リスクモンスター、第1回「独創性を感じる日本企業」
アンケート調査結果を発表

 

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下リスモン、本社:東京都千代田区、http://www.riskmonster.co.jp/)は、第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を発表いたしました。

 

1.実施概要

・テーマ    : 「独創性を感じる日本企業」アンケート
・調査エリア  : 全国
・調査方法   : インターネット調査
・調査対象者  : 20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人(有効回収数1,000)
・調査期間   : 2013年2月25日(月)~2013年2月27日(水)
・調査対象企業 : 年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出

 

2.結果概要

[1]「独創性を感じる日本企業」アンケート/ランキング結果

 

 「独創性を感じる日本企業」アンケートのランキング1位は「トヨタ自動車」(回答率19.0%)となりました。次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同16.9%)、「ソニー」が3位(同16.6%)となっております。上位3社の顔触れは、先月発表した「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果(1位トヨタ、2位ソニー、3位本多技研工業(ホンダ))と同様となりました。
 以下「ファーストリテイリング(ユニクロ)」(同15.5%)、「任天堂」(同13.7%)、「タニタ」(同11.1%)、「TOTO」(同10.7%)と続いております。(図表A)

 

 業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機械・器具製造業5社(ソニー、タニタ、キヤノン、パナソニック、シャープ)、その他製造業6社(任天堂、TOTO、富士フイルム、味の素、京セラ、ブリヂストン)と、製造業がトップ20のうち14社を占め、日本の開発技術に対する信頼性が表れた結果と言えます。
 製造業以外では、小売・サービス業5社(ファーストリテイリング、楽天、ソフトバンク、ヤフー、セブン-イレブン)がランクインしており、それぞれに独自のサービス提供手法を編み出し、業界内でのリーディングカンパニーに成長していることが評価の背景と考えられます。

 

[2]「独創性を感じる日本企業」アンケート/選択理由・重視するイメージ

 選択した理由を自由回答で尋ねたところ、「商品・サービスの先進性」「商品のデザイン」「サービス品質」を挙げた回答が多く見られました。1位のトヨタ自動車では、「ハイブリッド車を世界に先駆けて発売した」といった意見が、2位の本田技研工業(ホンダ)では「ASIMOを作った高いロボット技術」といった意見が見られるなど、それぞれの企業における代名詞的な商品やサービスの名称が回答の随所に見られる結果となりました。
 また、日本のお家芸ともいえる「ものづくり」に対する信頼に留まらず、商品の販売手法やサービスの提供方法など、日本企業のきめ細やかな姿勢に対する評価も多くみられ、いわゆるクールジャパンの特性が反映された結果ともいえます。(図表B)

 

[3]特許取得件数との比較

 企業の独創性を計る指標としては、それぞれの企業が有する知的財産の数やそれに伴う手数料収入などが挙げられます。特許取得件数が多いほど、発想力や開発力が高いと考えられ、独創的な企業と考えられます。
 今回のアンケート結果上位企業の特許取得件数をまとめた結果は図表Cの通りです。多くの上位企業において多数の特許を取得している結果となりました。


 一方で、日本企業における特許取得件数上位企業を調べたところ、今回のアンケート結果上位企業のランクインは半数未満であり、特許取得件数1位パナソニック、2位キヤノンが、アンケート結果ではそれぞれ11位、9位と低迷している点が目立ちました。(図表D)

 

[4]総評

 既述のとおり、今回のランキング上位の多くは、商品・サービスの品質および先進性を武器として、事業規模を拡大してきた企業です。その独創性は、特許取得件数のような知的財産に裏付けられるものもあれば、新たなビジネスモデルとして世界の有名企業と渡り合う礎となっているものもあります。
 高い独創性を有することで飛躍的な成長を遂げた米国のアップル社やマイクロソフト社は、高い技術力を有していただけでなく、それを有効に活用する術をもっていたと考えられます。パナソニックやキヤノンなどの特許取得件数上位企業に、高い技術力が備わっていることは明白です。それらの企業において、高い技術力を高い独創性に昇華させることができれば、日本企業から第二、第三のアップル社やマイクロソフト社が生まれることも十分に考えられます。
 アベノミクスで景況回復が騒がれる昨今、独創力ある事業運営によって、景気を牽引していく企業が次々と生まれ出ることに期待したいです。

リスモン情報

リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
掲載サイトはこちら https://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

リスモンの概要(東京証券取引所スタンダード市場上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPクラウドサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要として、教育関連事業(定額制の社員研修サービス「サイバックスUniv.」)やビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)、BPOサービス事業、海外事業(利墨(上海)商務信息咨詢有限公司)にサービス分野を拡大し、包括的な戦略で事業を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2022年3月末時点で14,103(内、与信管理サービス等7,199、ビジネスポータルサイト等3,154、教育事業その他3,750)となっております。
ホームページ https://www.riskmonster.co.jp/

本件に関するお問合せ先

リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター 広報担当
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
TEL:03-6214-0354 e-mail:press@riskmonster.co.jp

page top