取引先のデータが整備されていない

  1. TOP
  2. サービス紹介
  3. ポートフォリオサービス
  4. 取引先のデータが整備されていない

取引先のデータは整備されていますか?

取引先のデータ整備は与信管理に不可欠であり、データをうまく活用することで与信管理が経営戦略(営業戦略)と一体になります。しかし、取引先のデータ収集からメンテナンスまで全てを行うのは意外と手間が掛かります。

取引先のデータが整備されていないと・・・

  1. 複数の部署にまたがる取引が一括管理出来ない。
  2. 工場や支店等が同一の法人と認識されない。
  3. 急に連絡を取りたい時にデータが古く役に立たない。

このような問題が起きてしまったら・・・

その解決のためには、取引先のデータを収集しかつメンテナンスしていく必要があります。

リスクモンスターの「ポートフォリオサービス」なら取引先の名寄せや基礎情報の整理が可能となり、取引先データベースの充実につながります。

資料請求・お問い合わせはこちら

おすすめサービス・コンテンツ

page top