株式会社リブセンス 様

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社リブセンス 様

活用事例

株式会社リブセンス 様

リスモン会員 2017年3月~

全社的な与信管理基盤の構築に寄与!

コーポレートビジョン

「あたりまえを、発明しよう。」

事業内容

人材・不動産領域を中心にインターネットサービスを運営。
成功報酬型ビジネスモデルで運営するアルバイト情報サイト「マッハバイト」、正社員転職サイト「転職ナビ」など複数事業を展開中です。

今回は、ご担当者である 水谷 敏貴様、金城 海秀様にお話を伺いました。

株式会社リブセンス 様

株式会社リブセンス
経営推進部財務経理グループ与信管理チーム
グループリーダー 水谷 敏貴様(右)(当時)
チームリーダー 金城 海秀様(左)

Q. 導入していただいたきっかけを教えてください。

リスクモンスターのサービス導入前の与信管理体制の状況は、形式的には整っていましたが、まだまだ実効性を伴っていない状況であり、現場として課題感をもっていました。

私たちは、あるべき理想状態を常に考えて業務を行うことを大切にしています。
与信審査は取引の安全性を高めるために必要な業務ですが、利益を生む部門ではないため、いかに高いコスト意識を持って運用できるかが重要です。
自社の風土にマッチした与信管理の実現を図ることができ、適切な評価軸データを提供いただけるパートナーはいないだろうかと考えたのがきっかけです。

Q. 導入していただいた決め手はなんですか?

決め手となったのはシステムのわかりやすさです。まず他社サービスと比べて明らかに違いを感じたのは「RM 格付」「RM 短期傾向」です。企業の信用ランクとその推移を感覚的に理解できる点がよいと感じました。将来、社内に与信管理への意識を浸透させていく際にも活用できそうな期待感を持てました。

株式会社リブセンス 様

また、導入前に私たちが、目指す方向性や理想の状態について意見交換ができたのは大きかったと思います。私たちが目指しているのは硬直的なルールで運用される与信審査ではありません。営業担当者をサポートするにはどんな制度運用がよいのか?という考え方が基本にあります。営業担当者が、もしお客様の健康状態を事前に知ることができたなら、安心してご提案しやすくなるのではないかと思いました。与信審査を通じて判断に必要な情報を供給することで営業支援ができればと考えています。
導入後も必要に応じて相談できる関係ができており、大変助かっています。

Q. リスクモンスターのサービスを導入して変わったことはなんですか?

「信用ランク」という客観的データに照らして与信上限額を判断できるのが大きな違いです。
今はまだ審査に関わる一部の関係者までしか情報提供が出来ていませんので、その意味では、まだまだ道半ばといったところです。
将来的には事業部横断で与信情報が活用できるように、与信情報の紐づけされた独自のリストデータを提供していきたいですね。

Q. リスクモンスターに期待する事をお聞かせください。

当社では、与信審査フローをRPA化し業務の効率化に取り組んでいます。 RPAでは「法人番号」のように信頼のおけるユニークな情報をキーにシナリオを作成し、実行します。そのため高い安定稼働を実現するためには、情報取得もとの網羅性が不可欠となります。
いつでも「法人番号」100%網羅!のようにデータベースが充実するとより一層手放せないサービスになりますよね。

リブセンス様がご利用しているサービスはこちら!

設立 2006年2月8日
売上高 61億円(2019年12月期)
従業員数 正社員267名(2019年12月末時点)
事業内容 インターネットメディア運営事業
URL https://www.livesense.co.jp
page top